指揮者の紹介

日立市民吹奏楽団の永久名誉指揮者と音楽監督/常任指揮者をご紹介いたします。

永久名誉指揮者 岩井 直溥

Naohiro Iwai

1947年、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)器楽科卒業。その後、ジャズの世界へ入り数々のバンドを経てアニーバイルオーケストラやフランキー堺のバンド「シティースリッカーズ」等でバンドの編曲を手掛けてきた。1959年、東芝EMIの専属になり、現在まで教育教材、吹奏楽、クラッシック、ポピュラー等の作編曲は5000曲余に及ぶ。我国吹奏楽界のポップスを育ててきた作編曲家、指揮者としての評価は絶大である。 スクールバンド育成に特に情熱を傾注され、バンドクリニックや客演指揮者、コンクール審査員として全国各地で活躍されている。また、当団の名誉指揮者を務めている。

氏はアルコール飲料が大好きで少し飲まれての音楽談義はとても愉快であり、氏の音楽に対する愛情と情熱には圧倒されるばかりである。

【岩井 直溥先生は平成26年5月10日にご逝去されました。】

音楽監督/常任指揮者  原 進

Susumu Hara

1995年洗足学園音楽大学音楽学部器楽科卒業。
トランペットを津堅直弘、太田聡の両氏に師事。ブラスバンド、吹奏楽指導法を山本武雄氏に師事。 同大学「卒業演奏会」に出演し優秀賞を受賞。1996年「茨城県新人演奏会」オーディションに合格。同演奏会に出演し新人賞を受賞。  現在はトランペット奏者として吹奏楽、室内楽を中心に演奏活動を行うほか、各地の演奏会にゲスト出演している。また、日本では数少ないテナーホーン(アルトホルン)奏者としても精力的に活動しており、2010年に開催された日本サックス協会主催の「サックス・フェスティバル」に於いては、ディスカバリーコンサートにソリストとして招聘され、P.ヒンデミット作曲の「ソナタ」を演奏し好評を博する。「東京ブラスソサエティー」、「ヴィヴィッド・ブラス・トーキョウ」のソロホーン奏者。
その他、ブラスバンドや吹奏楽の指揮・指導者として小山市交響吹奏楽団、東海村吹奏楽団の常任指揮者、日立市民吹奏楽団音楽監督を務めるのをはじめ、多くの団体の演奏活動に携わるとともに、洗足学園音楽大学ブリティッシュ・ブラス、埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科、埼玉県立松伏高等学校音楽科の非常勤講師として後進の指導にも力を注いでいる。日本ブラスバンド指導者協会理事。日本吹奏楽指導者協会会員。

原進オフィシャルサイト
http://www.harasusumu.com/

団員募集しています!お気軽に見学・体験どうぞ

詳細ページ